MENU

ご相談紹介例(個人様)

お客様の「土地・建物」の所有の範囲がはっきりしていない場合、様々なトラブルの原因となるおそれがあります。
山梨県甲斐市にある株式会社日測では、そういった「トラブル」を「安心」して未来に残すために、調査・測量をしていくことをオススメいたします。
もし何か、土地・建物のことについてお知りになりたいこと、不安に思っていることがありましたら、お気軽に株式会社日測までご連絡くださいませ。
お客様の大切な財産である「土地・建物」を、子や孫の次世代に安心して引継ぐお手伝いを、わかりやすく丁寧にご対応させていただきます。

こんなことでお困りではありませんか?

  • お隣との境界をはっきりしたい
  • 家を新築したので登記したい
  • 相続した土地を兄弟で分けたい
  • 土地の1部をお隣さんに売りたい
  • 土地の利用目的を変えたい(畑→宅地)
  • 塀を建てるためお隣との境を調べたい

ご相談紹介例(法人様)

境界確定測量を行うことにより、取引の対象となる土地の所有範囲を明確化した状態でお客様に引き渡すことが可能となります。
不動産において安全で確実な取引には、「境界確定測量」が有効です。
売買する土地の正確な「有効宅地部分」の面積を求積し、精算対象をはっきりさせる事で売主と買主の見解の相違やトラブルを未然に防ぐことができます。
また、実際の面積と公簿面積との差がどれくらいあるのか、現地に境界が存在するかなど現状把握しておくことで、取引上、障害となり得る問題を解決しておくことをオススメいたします。
不動産登記業務のパートナーとして、また、登記測量のプロとして、常にお客様から頼りになれる存在を目指しご対応させていただきます。

こんな時は日測にご相談下さい!

  • 建物建築における敷地の現況測量など、敷地調査
  • 土地の境界確定測量
  • 工事で紛失した境界杭の復元作業
  • 新築した建物の表題登記
  • 位置指定道路の申請、狭あい道路の申請
  • 宅地造成、開発行為のご相談